小さい頃にウィルス性の胃腸炎でひどいことになったことがあります

医療関係の人たちはすごい

現場で活躍する人とは?−医療系求人−
小さい頃にウィルス性の胃腸炎でひどいことになったことがあります。近所のお医者さんではもうどうしようもないと言われ、大きな遠くの病院に入院することに。自転車に乗りながら(母の後ろですが)気持ち悪くて、お腹が痛くて、意識が遠のきそうになっていました。小さいながらも、私ひょっとしたら死ぬかもしれないと思ったものです。
救急車で行けば良かったのに、母も気が動転していたんでしょうね。
途中でタクシーを拾って行ったのですが、待合室で待たされて、お医者さんに診てもらえる時には脱水症状で本当に危なかったようです。
ですが、そこでお医者さんや看護婦さんにテキパキと点滴などしてもらって、事なきを得ました。
幼いながらに、お医者さんたちってすごいなーと感動した覚えがあります。白衣の天使のナースさん達にも憧れました。
やっぱり大変なときの味方である医療関係の人たちはすごいと思います。
私もなれるものならなってみたかったですね。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加