医療の現場で人手が不足しているというのはよく聞きます

医療事務は欠かせない人材

現場で活躍する人とは?−医療系求人−
医療の現場で人手が不足しているというのはよく聞きます。中でもテキパキと業務をこなせる医療事務はどこの病院でも欠かせない人材でしょう。私の妻も結婚前に医療事務の仕事をしていました。医療事務と言ってもいくつか種類があるようです。最近テレビCMでやっている、院長回診の途中で医療事務担当者が院長の問いに対して医療点数を答えてるのは、いわゆるレセプト業務でこのイメージが大半ですが、他にも受付からカルテ作成で保険情報を正確にパソコンに写す「電子カルテ」というのも業務にあるそうです。最近は紙のカルテではなく電子カルテが多くなっているので先生の書いた手書き文字から判読してチェックということもなくなりつつあるそうです。これからはパソコンの時代なんだなと改めて思いました。これから覚える人もパソコンソフトで覚えていって方が良いのでしょうね。作業が簡略化していけばその分、人に接する時間も増えて良い病院って言われるかもしれないですね。

医療求人の関連情報。ココでチェックしよう!

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加